確実にバストアップ

食塩水バッグって?


「プチ豊胸」体験者1000点以上写真掲載。ネットで無料診察予約OK

 

生理的食塩水バッグというのが
数十年ほど前に
アメリカで開発されたいわゆる王道的な
本格豊胸手術につかわれるもの。

 

これは、うすめのシリコンでできた
バックの中に、体液と同じ浸透圧で
同じ組成の食塩液(生理食塩水)
をいれているもの。

 

 

大半の美容整形医院が
このアメリカ製のバッグを直輸入しているか
またはアジア経由で
購入している事が多いみたいです。

 

 

時々、中国製のものもありますが
ご想像できるかのように
水漏れなどの事故で問題になった
ケースがあるので要注意です。

 

大きさと種類

 

このバックの大きさは
だいたい25cc単位毎にア
ップさせることができます。
(125cc〜250cc用くらい)

 

ちなみに、巨乳にしたいと
強くリクエストしたとしても、
身体のサイズに合わないものは
適用出来ない前提がありますので

 

まずは、担当いただく先生と
事前相談が重要です。

 

ちなみに、形は

 

おまんじゅう型(自然な丸みがあるタイプ)
お椀型(まんまるに盛り上がったタイプ)
ラウンド型(下から上向きにツンとした外人ぽいタイプ)

 

と大きくは3種類ほどがあります。

 

日本人の場合は
おまんじゅう型が一番自然になるため
よいということもいわれていますが
ここはお好みですね。

 

生理食塩水パックの挿入の仕方

 

脇下を2,3センチほど切って、大胸筋に指をいれ、筋肉を剥離し、スペースを作る。

 

生理食塩水を注入するためのくだをつけた状態でバックを切り込みに入れていく。

 

バックを挿入後、バストが希望の大きさになるま、生理食塩水を管経由で注入。

 

管を抜いて、縫う。手術はここで完了。

生理食塩水パックの安全性、耐久度は?

 

基本的には、生理食塩水の浸透圧が
体液と同じに保たれているということから
自然に破れるということは
ほぼないといわれています。

 

ただし、中国産などで
事故があったように
バッグの素材が悪かったりすると
事故の可能性は否めないため
数をこなしている
経験値の高い美容整形外科を選んでください。

 

この場合、交通事故にあうといったような
特別な外傷を受けることがなければ
その形を一生維持することができるのが
最大のメリットです。。

 

ちなみに、事故等で
仮に胸を強く打ち付けた場合には
バッグ自体シリコン膜の部分はもちろん取り出せますし

 

中身の生理食塩水自体も
体内に吸収されるまったく無害で安全なものなので
そういう場合でも
身体への影響はないのが安心です。

 

「プチ豊胸」体験者1000点以上写真掲載。ネットで無料診察予約OK